【遠征記録】2022/5/24 @蔵王(刈田岳)

5月の連休も終わり、蔵王エコーラインの夜間利用が解禁されました。蔵王シーズンの幕開けです。早速雪の壁を見に行く半分で行ってきました。雪の壁は雪の多い昨年に比べると若干低いか、例年通りという感じでした。

日付2022/5/24
同行者だいこもん氏、柊二☆氏
撮影対象1対象名NGC 6823
鏡筒BKP130
カメラASI294MM (だいこもん氏所有のものを借用)
撮影対象2対象名NGC 7000
鏡筒RedCat51
カメラASI294MC
撮影対象3対象名NGC 7000
鏡筒RedCat51-II
カメラASI294MC(だいこもん氏所有のものを借用)
時刻撮影開始21:03
撮影終了25:36
鏡筒温度 [℃]撮影開始時N/A (5 ℃前後)
撮影終了時N/A
湿度 (%RH)撮影開始時N/A
撮影終了時N/A
撮影地名称蔵王(刈田岳)
SQM [mag./arcsec^2]21.6 (Light pollution map)
地面の状態乾燥
結露結露、中度
風力階級0-1程度
雲の様子19時前後雲量1程度
西側の低空にもやがかかる
21時前後雲量1程度
西側の低空にもやがかかる
23時前後雲量1程度
西側の低空にもやがかかる
25時前後雲量1程度
西側の低空にもやがかかる
観測した流星5個程度
  • 結露、降霜の定義
    • 低度: プラスチックの表面、自動車のボディ天面がわずかに湿る、または霜の付着を確認できる
    • 中度: プラスチックの表面、自動車のボディ天面、フロントガラスがはっきり湿る、または霜で覆われる
    • 高度: 中度に加え、金属の表面(鏡筒など)、自動車のサイドガラスがわずかに湿る、または霜の付着を確認できる 屈折望遠鏡やカメラレンズの前玉がわずかに湿る
    • 重度: 高度に加え、反射望遠鏡の斜鏡や主鏡、屈折望遠鏡やカメラレンズの前玉がはっきり湿る

天気図・雲観測データ

出典: 気象庁ホームページ

特記事項

  • がっちりと高気圧が張り出して、典型的な五月晴れとなった。
  • 低空にもやがかかっており、市街地の灯りを若干ではあるが遮っているようであった。夜半過ぎには予報通り宮城側に低い雲がかかり、雲抜けとなった。
  • 自動導入時の座標を間違えてしまい、気づかぬまま1時間を無駄にしてしまった。構図に違和感を覚えた時点で確認したつもりが、気づくのが遅れてしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。