SVBONY SV405CC レビュー (3) ファーストライト

前回の記事に引き続き、SV405CCのレビュー連載第3弾となります。本当であれば、ゲインやリードノイズの確認を済ませてから、最適な撮像条件で撮影したかったのですが、先にファーストライトの機会が訪れましたので、暫定の撮影条件でファーストライトを行いました。ドライバは6/13に入手したバージョンを使用しています。鏡筒はRedCat 51 II, 並列同架したRedCat 51 + ASI294MCと合わせて、さらに2パネルをモザイクしました。

まずは、SV405CCとASI294MCで同じ位置を撮影した画像を比較してみます。撮影条件は次の通りです。

CameraSVBONY SV405CCZWO ASI294MC
OpticsWilliam Optics RedCat 51 IIWilliam Optics RedCat 51
Corrector
FilterSVBONY UV-IR CutZWO UV-IR Cut
Focal length250 mm250 mm
F stopF4.9F4.9
Gain0120
Offset205
Binning1×11×1
Sensor temp.0℃0℃
ExposureRGB: 38 * 120 s (panel 1), 43 * 120 s (panel 2)RGB: 23 * 120 s (panel 1), 35 * 120 s (panel 2)
Date20-Jun. 2022 21:02-20-Jun. 2022 21:02-
MountCelestron Advanced VXCelestron Advanced VX
Guiding130 mm guide scope, QHY5L-IIM, PHD2130 mm guide scope, QHY5L-IIM, PHD2
SoftwarePixInsight, Photoshop CCPixInsight, Photoshop CC
撮影条件
スタック済の画像(panel 1) 左: SV405CC, 右: ASI294MC

サドルの周辺にハロが見られるのは、薄雲の通過で発生したものです。ぱっと見、目立っておかしい点はなく、両者ほぼ同等の写りに見えます。カラーバランスが若干違うようですが、このレベルであれば画像処理でなんとかできそうです。懸念のアンプグローもダーク減算できっちり消えたようです。一安心。

次に拡大でノイズ感を見てみます。

上記の拡大 左: SV405CC, 右: ASI294MC

SV405CCの方は星像が大きくなってしまっています。おそらくピントを外してしまったのだと思います。強いストレッチをしていますが、淡いところの写りはSV405CCのほうが若干悪いようにみえます。ゲインの設定が異なってしまっているので詳しい比較は難しそうです。詳細な比較は、コンパラな条件で比較撮影ができるようになってから再度行いたいと思います。

最後に仕上げた写真です。

せっかく同じ光学系、同じセンサのカメラ、同一のタイミングで撮影した画像なので、本当であれば詳細な比較をしてみたかったですが、撮影条件やピントをはずすなどのトラブルで難しくなってしまいました。改めて条件をそろえてトライしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。