【遠征記録】2021/12/4 @ 小山ダム

12/4はちょうど新月の土曜日でした。晴れを期待できる予報となりましたので、星沼会のみなさんと都合を合わせて撮影に向かいました。

概要

日付2021/12/4
同行者Niwa氏、まちょ氏、だいこもん氏、ぐらすのすち氏
撮影対象1対象名M 45
鏡筒R200SS
カメラASI294MM
撮影対象2対象名M 78
鏡筒R200SS
カメラASI294MM
撮影対象3対象名IC 410
鏡筒FS-60CB
カメラKiss X7i
撮影対象4対象名NGC 2264
鏡筒FS-60CB
カメラKiss X7i
撮影対象5対象名C/2021 A1
鏡筒FS-60CB
カメラKiss X7i
時刻撮影開始19:23
撮影終了26:21
鏡筒温度 [℃]撮影開始時4.3
撮影終了時1.8
湿度 (%RH)撮影開始時N/A
撮影終了時(70)
撮影地名称小山ダム
SQM [mag./arcsec^2]21.6 (Light pollution map)
地面の状態乾燥
結露結露のち降霜、低度
風力階級0-5程度?
雲の様子18時前後雲量1-6程度
低い雲の通過あり、それ以外は透明度高し
西風強し
21時前後雲量1程度
雲はほとんど確認できず、 透明度高し
遠雷あり?
西風がさらに強くなった
24時前後雲量1程度
雲はほとんど確認できず、 透明度高し
風が弱くなった
27時前後雲量1程度
雲はほとんど確認できず、透明度高し
風が再び強くなった
観測した流星散在、10個程度 
(観測できなかったが、明るい流星の観測報告あり)
  • 結露、降霜の定義
    • 低度: プラスチックの表面、自動車のボディ天面がわずかに湿る、または霜の付着を確認できる
    • 中度: プラスチックの表面、自動車のボディ天面、フロントガラスがはっきり湿る、または霜で覆われる
    • 高度: 中度に加え、金属の表面(鏡筒など)、自動車のサイドガラスがわずかに湿る、または霜の付着を確認できる 屈折望遠鏡やカメラレンズの前玉がわずかに湿る
    • 重度: 高度に加え、反射望遠鏡の斜鏡や主鏡、屈折望遠鏡やカメラレンズの前玉がはっきり湿る

天気図・雲観測データ

出典: 気象庁ホームページ

(12/4のデータは保存し忘れたためデータなし)

撮影結果1: C/2021 A1 (Leonard)

特記事項

  • 冬型が強くなり、寒気の流入が強いように見受けられた。
  • 風が強く、ガイドは風の影響を受けて乱れがちであった。
  • Advanced VXでキャリブレーション時にガイド星が消えるという現象が発生した。リモコンのモータースピード設定(高速移動時)を遅くする(1倍にする)ことで改善した。
  • 星沼会メンバーがまとめた遠征報告、動画については随時リンク記載予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。