【遠征記録】2022/5/3 @仙台平

概要

5月は夏の天の川、特にさそり座やいて座付近を狙うのに良い時期です。今年の連休は新月期とも重なったため、連日のように撮影に出かけられる方が多くいらっしゃる印象です。とはいえ、夏至も近く暗夜は短いこと、暖かくなるにつれて天気も悪くなってくるため、やきもきすることも多いシーズンです。この日は予報こそあまりよくありませんでしたが、チャンスはありそうとのことで、だいこもんさん、ぐらすのすちさんを誘って仙台平へ出撃しました。結果的には23時前に曇ってしまい、とうとう日の出直前まで天気が回復することはありませんでした。久しぶりの無念の敗退となってしまいましたが、久々に仲間とゆっくりした時間を楽しむことができたのは良かったかなと思っています。
ぐらすのすちさんも遠征記を書かれています。下記のブログを参照ください。

日付2022/5/3
同行者だいこもん氏、ぐらすのすち氏
撮影対象1対象名NGC 5907
鏡筒BKP130
カメラASI294MC (だいこもん氏所有のものを借用)
撮影対象2対象名IC 4592
鏡筒FS-60CB, RedCat51
カメラASI294MM, ASI294MC
時刻撮影開始20:32
撮影終了22:45
鏡筒温度 [℃]撮影開始時N/A (4 ℃前後?)
撮影終了時N/A
湿度 (%RH)撮影開始時N/A
撮影終了時N/A
撮影地名称仙台平
SQM [mag./arcsec^2]21.73 (Light pollution map)
地面の状態乾燥
結露結露、高度
風力階級0-4程度
雲の様子19時前後雲量1程度
低空を中心に透明度はやや悪い
21時前後雲量1程度
低空を中心に透明度はやや悪い
23時前後雲量9程度
全面を低い雲に覆われる
27時前後雲量9程度
時折晴れ間は見えるものの、低い雲に加え、濃霧に覆われる
観測した流星なし
  • 結露、降霜の定義
    • 低度: プラスチックの表面、自動車のボディ天面がわずかに湿る、または霜の付着を確認できる
    • 中度: プラスチックの表面、自動車のボディ天面、フロントガラスがはっきり湿る、または霜で覆われる
    • 高度: 中度に加え、金属の表面(鏡筒など)、自動車のサイドガラスがわずかに湿る、または霜の付着を確認できる 屈折望遠鏡やカメラレンズの前玉がわずかに湿る
    • 重度: 高度に加え、反射望遠鏡の斜鏡や主鏡、屈折望遠鏡やカメラレンズの前玉がはっきり湿る

天気図・雲観測データ

出典: 気象庁ホームページ

特記事項

  • 高気圧の張り出しが思ったよりも弱く、北にある低気圧からの雲が茨城県北部あたりまで流れ込む形となってしまった。
  • また地上付近の雲も見られた。湿った空気が阿武隈高地にぶつかって持ち上げられ、雲となったのだろうか。
  • それでも23時前までは快晴であり、多少の撮影は可能であった。
  • FS-60CBのピントずれについて、RGBそれぞれにピントを合わせ直して撮影したところかなりの改善が見られた。結果については別の記事で掲載したい。

“【遠征記録】2022/5/3 @仙台平” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。